ルイヴィトン人気ランキング 財布 メンズ授権店 ヴィトン財布カタログ,どのように加盟ルイヴィトン人気ランキング 財布 メンズ ルイヴィトン人気ランキング 財布 メンズ適合年齢


2015-03-02 20:00    ルイヴィトン人気ランキング 財布 メンズ
「どうなるんだかね」  母の声は元気がなかった。しばらくそのまま沈黙が続いたが、 「すぐ帰るの……」  と母のほうから訊《き》いた。私は靴を脱いであがった。 「派手なシャツを着ちゃって」  母は前に坐る私に、眉《まゆ》を寄せて言う。 「どうだい……」 「何がさ」 「お花のことだよ」 「駄目《だめ》ね」  母はお茶をいれはじめていた。疎開させてうまく戦災にもあわなかった古い茶箪笥《ちやだんす》の戸をあけると、私の使っていた湯呑《ゆの》みが昔のままの場所に置いてあって、母はそれを長火鉢の猫板の上へ置いた。 「あたしのお花はもう古いみたい。派手に盛りあげたのがいいんだってさ。それに近頃の娘さんは、こういう家《うち》で習うより、町なかの学校みたいな所で習いたがるらしいし」  たしかに、各種学校としての生花教室が増えているようだった。 「とうとうお前を待ってるうちに弘志は三年生になっちゃったじゃないか」  母の愚痴だった。  高校を出てすぐ、私は母に啖呵《たんか》を切ったのだった。小資本で開業できる水商売の世界へ入って、一応商売を憶《おぼ》えたら家のことはすべて俺《おれ》が背負う、と言ったのだ。  母にはそれが頼りになる言葉だったらしい。それまでなんとかこの家を維持して時が来たら売り払い、私の商売のもとでにしよう。そう思い込み、ひたすらその日を待っていたようだ。  だが私は、その世界を知れば知るほど自信を失って行った。むずかしさが判《わか》って来たのだ。